読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知るの2・考えるの3「統一地方選2015」  

知る 考える

 

 4/12と4/26は和歌山県議会議員、市議会議員の選挙でした。みなさん行かれましたか?ちなみに今回の投票率は県議会選挙が48.11%、市議会選挙が42.97%でした。

 

 H26 年度で、全国平均は52.6%なんで、全国に比べて少し劣っているかなという感じです。世界では、投票に行かなかった場合、罰則を与えている国もあるみたいです。選挙権はく奪とか罰金とか。そこまでしろとは言いませんが、もっとみんなが選挙に行くべきであるとは思います。なぜだかわかりませんが。

 

 小学生の時分に選挙ポスターを作成したのがいい「思い出」です。なぜこのようなに投票率が低くなってしまうのでしょう? 

 

 様々な理由があると思いますが、

  • 選挙教育がされていない。
  • 住んでいる人が政治に関心がない。

 ぐらいの理由ですかね。

 

 選挙ポスター作っても選挙にいかなきゃだ義務感とか生まれないですもんね。赤信号は止まりなさいぐらいの常識(!)として選挙に行くことを植え付けていただきたい。

 

 関心がないことにはエネルギーも使えないです。好きの反対は嫌いじゃなくて、興味がないですよ~。って偉い人が言ってました。

 

 もちろんただ選挙に行くってことが目的ではなくて、政治に参加することが目的ですので、年1,2回は真剣に未来のことを「考えてもいいんではないかな」と思います。かく言う私も…。おっとこれ以上は公共の福祉に反する(?)のでミッフィーちゃんにしておきます。

 

疑問①投票率を高めるには?

疑問②今回の選挙の争点は?