読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えるの4「100年後ということ」

考える

 

 なぜ100年後かということを、もう少し考えました。

 

 2025年、今から10年後ですね、所謂団塊の世代が75歳以上となる2025年問題。年金制度の破綻と働き不足が危惧される時代がもう10年後に迫っています。どんなことが予想され、和歌山市がどうなるかは「知る」で迫っていきたいと思いますが、ここではなぜ100年後かを。

 

 あらゆる企業では短期計画と中長期計画をつくりますよね。中長期計画に向けて、短期計画を戦略とする。んで、益々の繁栄をたどることだと思います。

 

 50年後を考えても100年後は考えられないけど、100年後を考えると50年後もいい感じで考えられんじゃね?って短絡的考え方です。ならば、30年後、10年後も…!!! 言うは易し行うは難し。どうなることやら。